デスクの配線孔を使ってApple Watchの充電ドックをいい感じにした

「デスクの配線孔を使ってApple Watchの充電ドックをいい感じにした」のアイキャッチ画像

最近、在宅ワークの頻度が増えてきたので、デスク環境を整え出している

デスクを買うときに、オプションとして配線孔を開けておいてもらったんだけど、これまで全く有効に使うことができていなかった。同時期に購入したApple Watchの充電環境をどうにかしたいという気持ちもあって、配線孔の有効活用に乗り出した。

SpigenのApple Watchナイトスタンド「S350」を購入

Apple Watchの充電環境については、いずれ充電ドックや充電パッド的なものは欲しいと思っていた。

ただ、どんなタイプのものがいいか、イマイチ決め手に欠けていて買えずにいた。そこにApple WatchのケースとしてSpigenのラゲッジ・アーマープロを購入。そのケースはApple Watchを置く時にフラットにならないこともあって、充電パッドよりは充電ドックが良いと判断した。

その流れで、充電ドックもSpigenにしようということで購入したのが「Spigen Apple Watchナイトスタンド S350」だ。

実際の使用シーンを、この後写真と一緒に紹介していきたい。

配線孔に充電ドックをセッティング

そもそも配線孔のメリットは、デスクがケーブルで散らかすのを防げるというところのはず。

となると、できる限りケーブルを隠す使い方を追求したいと思いたどり着いた最終形がこちら。

このSpigenの充電ドックは、Apple純正のApple Watch充電ケーブルをはめ込んで使う。その時にケーブルが斜めに出る形になるので、出た瞬間に配線孔にブチ込む作戦。

配線孔はデスクに向かって右奥にあるので、デスクに座った状態でApple Watchをみるとこんな感じになる。(会社から帰った直後だったので、Apple Watchは純正のレザーバンド。)

見てもらえたらわかるように、このアングルだとケーブルを一切見せずにApple Watchを充電することが可能。狙い通り!

充電ドックにApple Watchをセットする時は、特に何も気を使わずにラフに置けばスッとマグネットでくっつく。Spigenのケースをつけた状態だったら、さらにフィットするんじゃね?ということで、ラギッド・アーマープロを装着した状態で充電ドックにセットしてみた。

どうでしょう?

Apple Watchと充電ドックの質感が揃って、個人的にはすごくカッコ良いし心地良い眺め…!

まとめ

最近は、iPad Proの充電をデスクでしたいことが増えてきたので上の図のようにUSB-Cのケーブルがピョッコリ出ている状態。使いたい時に引き出して使えるので、これはこれで良い。

快適なデスク環境って、結局はいかに自己満足度を高められるかだと思う。これからも少しづつデスク環境をアップデートしていきたい。