子供の成長記録はGoProで残そう。スマホに勝るメリットとは。

「子供の成長記録はGoProで残そう。スマホに勝るメリットとは。」のアイキャッチ画像

子供が産まれたタイミングでビデオカメラが欲しくなる人って多いと思う。

静止画を撮るだけではなくて、動画という形で可愛い子供の小さい頃を残したいのが親心というもの。もちろんスマホでも最近は綺麗な動画が撮れるから「ビデオカメラは必要なの?」という人がいてもおかしくはない。でも本当にスマホでいいのか?という葛藤があるのも確か。現に僕はそうだった。今日は、そのあたりの経験から、最終的に僕がビデオカメラとしてGoProを選んだ理由までをシェアしたい。

スマホで動画を撮るメリットとデメリット

まず始めに、スマホで動画を撮る場合のメリットを挙げてみる。

スマホで動画を撮るメリット

  • 荷物が増えない
  • 軽くてすぐに取り出せるのでムービーチャンスを逃さない

子供が産まれると、子供用の荷物(オムツとか着替えとか)がデフォルトで増えるので、荷物が増えないのはとても助かるポイント。他には、子供は基本的には何をするか予測がつかないので、何かあった時にとっさに撮影できるのは、常に身近にあるスマホならではの強み。

一方、スマホで動画を撮る場合のデメリットとして以下の3点が挙げられる。

スマホで動画を撮るデメリット

  • スマホのストレージ容量をガッツリ食う
  • スマホのバッテリーもガッツリ食う
  • 手ブレしやすい

1と2については、動画を夢中で撮るあまりに肝心のスマホ自体の機能に支障をきたしてしまうパターン。スマホで動画を取るつもりなら機種を購入する段階でストレージ容量の大きなものを選んだ方が良いと思うし、モバイルバッテリーも必携になってくる。またスマホのように軽くて薄っぺらい形状の場合、持ち手が安定せずに手ブレしやすいので、後で編集で補正するなりジンバルのようなスタビライザーを使うなりする必要がある。ただ後者のスタビライザーを使う場合は、上述したメリットの2つを両方とも失うことになる諸刃の剣。

俗に言う「ハンディカム」ってどうなの?

ザ・ビデオカメラってヤツで、よく子供を写してるCMでおなじみ。有名なのはSONYのやつとか。個人的にはアレに物欲がピクリともした事がなくて、なんでだろう?って思った時に真っ先に浮かぶのが撮影スタイルがカッコよくないというか。。。金田一少年の事件簿に出てくる佐木くんのイメージしか湧かない。

一眼で動画を取るのもありっちゃありだけど

ビデオカメラを買って動画を撮るくらいなら、一眼レフで撮る方が僕は良いな、と思う。センサーサイズも大きくて画質もいいし、レンズを変えれば望遠も含めたあらゆるシーンに対応可能。もはや最近のYouTuberは基本的には一眼で動画を撮るのがスタンダードになっている。注意点としては、一眼の中でも動画性能まで拘られている製品と、そうではない製品があるということ。
判断するポイントしては、

動画が取れる一眼選びで最低限チェックしたいポイント

  • 4K60Pが撮影できるか
  • 連続撮影時間が極端に短くないか
  • ボディ内光学手ぶれ補正が付いているか。(5軸以上がベスト)

これくらいは最低でもチェックしておいた方が良いかと。
僕の場合は、今持っている一眼がEOS Kiss X7と大分古いので上記の3項目のチェックが全てアウトという残念な結果に。かと言って新しい一眼を気軽に買えるかというとお財布と相談になってくる。

GoProという選択肢

僕が最終的に選んだのはGoPro。ジャンルとしては「アクションカム」に分類されていて、雪山とか水中などのタフな環境で使うことを想定されて作られている。ただ、それだけ聞くと「丈夫なだけで画質とかはイマイチなんじゃないの?」と思うかもしれない。でもこいつはちゃんと4K60Pが撮影できるし、最新の機種であれば5Kという高画質で撮影できるポテンシャルがある。バッテリー容量とかストレージ容量以外の要因による連続撮影時間の制限もなし。後はGoPro最大の特徴として「手ぶれ補正が半端ない」ということ。光学式手ぶれ補正ではなく、電子式手ぶれ補正なので画角は少しクロップされてしまうんだけど、それでもGoProの場合はデフォルトがめちゃめちゃ広角なので全然問題なし!

ここでGoProのメリットとデメリットを整理しておく。

GoProのメリット

以下が僕の考えるGoProのメリット。

GoProで動画を撮るメリット

  • 1. 小さいので荷物に追加してもかさばらない
  • 2. 周辺アクセサリが豊富で自分に合わせたカスタマイズが可能
  • 3. 4K60Pが撮れる
  • 4. アクションカムなのでラフに扱っても壊れにくい
  • 5. 買いやすい価格
  • 6. 手ブレ補正が半端ない

GoPro愛が強すぎてたくさん挙げすぎてしまった…

2番の周辺アクセサリについては別記事で細かく紹介したい。後は5番の本体価格だが「ざっくり5~6万円前後」と思っておけばよい。ここまで出てきた候補の中ではかなり安い方だと思う。

GoProのデメリット

何事にも良くない点というのはあるもの。僕的には以下の2点についてはGoProの弱みなのかな、と。

GoProで動画を撮るデメリット

  • ズームが寄れない
  • マイクの品質が悪い

1についてはアクションカムのGoProにそれを求めてはいけないというのは理解しているんだけど、やはりズームをしたいシーンというのはある。多分将来的には子供のお遊戯会とか運動会の時は絶対にズームが必要になると思うので、その時に向けて動画性能の高い一眼レフ+レンズもどこかで調達しておきたい。

2のマイク品質についてはGoPro最大の弱点と言わざるを得ない。GoPro HERO7以降であればかなり改善はされているが、僕が持っているGoPro HERO6のマイク性能はかなり残念なレベル。

ただ、これから買う人は最新の機種を買うだろうし、そこまで心配する必要は無いと思う。心配な場合はYouTubeでレビュー動画を確認してから買うことをお勧めする。

まとめ

ここまで僕が子供が産まれたことをキッカケに動画撮影機材としてGoProを選んだ理由をまとめてきた。色んな選択肢がある中で、それぞれにメリット・デメリットがあるので、それらを自分のライフスタイルと照らし合わせて最適なチョイスをすれば良いと思う。皆さんも良い動画撮影ライフを!