GoProの初めてのアクセサリにはクリップマウントがおすすめ。

「GoProの初めてのアクセサリにはクリップマウントがおすすめ。」のアイキャッチ画像

この前、GoProをオススメする記事を書いた勢いで、GoPro熱が再燃している今日この頃。

今日はその勢いを継続して、GoProと一緒に使いたいアクセサリについて書こうかと思う。だけどGoProってアクセサリの豊富さが異常で、純正もサードパーティーも含めていったい何種類あるの?!ってレベルで、何から買えば良いのかわからなくなってしまいがち。

そこで、今日はGoProを買ったなら、コレは一緒に買っとけ!というオススメのアクセサリを1つだけ紹介したい。僕もほぼこの1つしか使っていないと言っても過言ではないので、誰かの参考になれば嬉しい。

その名もクリップマウント

僕が最初に買うべき唯一のアクセサリとしてオススメしたいのは「クリップマウント」というもの。見た目はこんな感じでまさにクリップ

実際にGoProを取り付けてみるとこんな感じ。

GoProが付いている方がサイズ感が伝わるかもしれない。

使い方はクリップマウントという名前なので、大体はイメージできるかもしれないけど実はコレ、ただ挟んで使うだけのシロモノではないので最後まで見てみて欲しい。

どこかに挟んで固定・携帯する。

僕が普段GoProを持ち歩く時は、クリップマウントをつけた状態で折りたたんでバッグに放り込んでおくというスタイルが多い。

こんな風にかなりコンパクトになるのでバッグの中にラフに放り込んで気軽にGoProを持ち出すことができる。基本はバッグに放り込んでおいて「動画を撮りそうだな〜」という場所なりシチュエーションになった時は、バッグのストラップとかに挟んでおけば、撮影チャンスを逃すことなくシームレスにサッと撮影に移ることができる。

このクリップはかなり強力で、女性だと両手で握らないと開けられないのでは?というくらいなので落下の心配もほとんどないと言って良いかと。(GoProなので落下しても故障の心配はさらに少ない。)

手持ちグリップとして使う。

クリップマウントが付いている状態だと、非常にGoProを握りやすいことが判明した。

とにかく手にフィットする。

特に人差し指がGoProとクリップマウントの間の窪みにハマるので、かなり安定感がある印象。なので「撮影チャンス!」という時は、バッグのストラップに挟んでおいたGoProをサッと外してこのスタイルに移行すればOK。手持ちグリップとしての使い方はマジでオススメ。

簡易的な三脚として使う。

脚が3本じゃないものを三脚と呼称して良いのかは置いておいて、クリップマウントは簡易三脚として使うこともできる。

最初のこの画像の時点で、勘の鋭い方は気づいていたかもしれない。

GoProとクリップマウントの接続部は可動式で上下に首を触れるので上下の角度なら微調整も可能。またクリップという特性を生かして、ただ地面に置くのではなく、壁とか木に固定して撮影するという三脚以上のことまでできちゃったりもするスゴイ奴。

とりあえずクリップマウントを買っておけば安定

数あるGoProアクセサリ界で、最初にどのアクセサリを買えばいいか迷った時には、とりあえずクリップマウントを買っておけば大体のシーンでなんとかなる。

僕が使っているクリップマウントは下にリンクを貼っておきます!

それでは皆さん、良いGoProライフを!