NOMAD iPad Pro Rugged CaseでiPad Proの背面とデスクを守ることにした。

「NOMAD iPad Pro Rugged CaseでiPad Proの背面とデスクを守ることにした。」のアイキャッチ画像

僕が愛用しているiPad Pro 11インチの2018年モデル。

今回は、そのiPad Proに背面ケースを導入したので紹介したい。購入したのは「NOMAD iPad Pro Rugged Case」というもの。前回のワイヤレス充電器である「Base Station」に引き続き、大好きなNOMADの製品だ。

まだ購入から1週間くらいしか経っていないんだけど、今の時点での感想をまとめておくと以下のようになる。

GOOD

  • カメラの突起部分がケースとツライチになる
  • 背面のみのケース自体が希少

NOT GOOD

  • お値段が高い

BAD

  • なし

元々は「家ではiPadを裸で使いたい派」だった

僕は家ではiPadにケースをつけない、所謂「iPad裸族」である。

ケースをつけない理由は、落とすリスクがiPhoneに比べて低いからだ。基本的に家の中で使っているし、外に持ちだしたりしても、歩きながら取り出したりはしない。

外に持ち出す際は、Apple純正のSmart Keyboard Folioをつけているし、必ずカフェやベンチなどで落ち着いた状況で使う。

であれば、わざわざ見た目と重量を犠牲にしてケースをつけることはない、というのが僕の考え方だった。

背面カメラの突起問題

レンズが出っ張ってる

この画像を見るとわかるように、iPadの背面カメラは他の部分よりも出っ張りがある。

そのため、背面を下にしてiPadをデスクに置くと、カメラの出っ張り部分が突起となってデスクに当たることになる。ただ置くだけなら問題無いが、持ち上げる際などにデスクの上で滑らせてしまうと、突起部分でデスクに引っ掻き傷を作ってしまう恐れがある。

この問題を解消すべく、背面カメラの突起を相殺できる厚みを持った背面ケースを付けたいと思うようになった。

今回もNOMADのお世話になることに

背面ケースなんてすぐに見つかるだろうと思っていたのだが、意外とデザインも含めてしっくりくるものがなかったのは誤算。

そんな中で最終的に行き着いたのが「NOMAD iPad Pro Rugged Case」だ。

NOMADの製品といえば、安心の高品質である点や、レザー素材を中心とした高級感のあるデザイン性など、一言で言えば「選んでおけば間違いない」というブランド。

一方で難点としては、「お値段がそれなりに高い」という点と「製品によっては海外サイトから購入することになる」という点だ。

外観レビュー

ここからは「NOMAD iPad Pro Rugged Case」を画像多めでレビューしていこう。

ちなみにこのケースは素材として

  • ホーウィンレザー
  • パフォーマンスポリマー(PU)

の2つから選択することになる。

僕はレザー大好きボーイ(おっさん)なので迷わずレザーをチョイス。色はブラックとブラウンがあったが、iPad Proとの一体感を出したかったのでブラックを選択した。

ここからは外観や、iPad Proに装着した様子を画像ギャラリーにしてみた。

画像をクリック or タップすると拡大できるので、じっくり舐め回すように見て欲しい。

NOMAD!
しっかり梱包されてる
出してみた
本体の穴を塞がない設計
内側にもNOMAD
充電ポートの切り欠きは大きめ
装着感
レンズの出っ張り解消!
レザーいい感じ

まとめ

レンズとケースがツライチ

画像ギャラリーにもアップしたが、上の画像のようにレンズの出っ張りがケースを装着したことでフラットになった。

このためだけに買ったケースとしては高い買い物だとは思う。(確か10,000円くらいはした・・・)

だけど所有欲が満たされるような品質のケースをゲットできたので良しとしたい。せっかくレザーをチョイスしたので、どのような経年変化があるのかも楽しみにしたいと思う。