「かなでもの」のデスクに「アイアン スマートトレイ」を取り付けたら、デスクのすっきり度が高まった。

「「かなでもの」のデスクに「アイアン スマートトレイ」を取り付けたら、デスクのすっきり度が高まった。」のアイキャッチ画像

過去に記事にした通り、僕は家で「かなでもの」のデスクを使用中だ。

趣味用のデスクというよりは在宅ワークの主戦場という位置付けなので、できるだけ視界からノイズを減らして、ミニマルな空間にすることを心がけている。

そんな中でどうしても今まで気になっていたのが、デスク上のノートPC(会社支給のWindows機)の存在。Macbookならまだしも、仕事で嫌々使ってるWindowsマシン。OBENRIのノートPCスタンドに縦置きすることで、できる限り視界の端に追いやってきたが、今回ついに一念発起して視界から除去する作戦を決行することにした。

視界から除去する具体的な手段は「ノートPCをデスクの裏に設置してしまおう」というもの。使用したのは「かなでもの」から発売されている「アイアン スマートトレイ」だ。

公式サイトで注文し、到着&設置までしてみたので、現時点の感想をまとめていこうと思う。

GOOD

  • 「かなでもの」純正品という圧倒的安心感

NOT GOOD

  • 組み立て手順書無し

NOT GOOD

  • 特に無し

ここからは具体的に上記の感想を深掘りしていく。(小物なのでサクッと)

純正品という安心感

一般的に「デスクの下にPCをマウントする」という目的を達成しようとすると、マウントするための機材を選んだり、デスクに穴を空けたり、そのために電動ドリルも必要だったり・・・と、DIYスキルも含めて中々敷居が高い。

その点、今回購入した「アイアン スマートトレイ」はデスクとして使っている「かなでもの」から販売されている所謂「純正品」だ。取り付けについても、既存のデスクに空けられているネジ穴を用いて設置することができるので、特別な機材もスキルも必要ない。

また、デスク下に設置するということで足が接触する可能性もあるわけだが、しっかりと角が丸く加工されているので、余程の勢いでぶつけない限り怪我をすることもないと思う。このあたりの品質はさすがというところ。

組み立て手順書は入っていないので注意

到着した箱の中身は、本体と取り付けに使用するネジ系の小物オンリーというシンプルさ。取り付け時のマニュアル的なものは入っていない。まぁ製品の公式ホームページを見ればすぐにわかるっちゃわかるわけだが、使用しないネジも入っていたりするので、一応ペラ一枚でも入れておいた方が優しいかな?とは思った。

公式ホームページに載っている写真だと、デスクを裏返して寝かせた状態で取り付けているが、僕はデスクを起こした状態のままで取り付けを行った。結果としては問題なく取り付け可能だった。このように後付けであっても簡単なので、デスクと同時に購入していなくても心配は不要。

デスク環境のアップデート楽しい

これにてめでたくデスク上から仕事用Windowsノートの駆逐に成功した。空いたスペースには、今更購入したM1 Macbook Airに鎮座してもらう予定だ。(この件は別途記事にしたい)

ーー

ここからは少し余談。

僕のように「デスク環境のアップデート」が趣味のような人に、最高のデスクが最近リリースされたのをご存知だろうか。

PREDUCTS

最高にかっこいいデスクというだけでなく、デスク天板の裏面には様々な拡張モジュールがマウントできる仕組みになっている。今回のようにPCをマウントするもよし、電源タップやケーブルを隠すように設置するもよし。「こんなデスクにしたいな」というイメージを形にするのに、現時点では最適なデスクだと思う。

PREDUCTS自体はデスクメーカーというわけではなく、「いい仕事」を生み出す道具のメーカー(by 公式HP)。

デスク以外にもワクワクするプロダクトを出してくれそうな雰囲気をギンギン感じるので、個人的に注目していきたいと思っている。